院長ブログ

 

トレーニング

パフォーマンス向上のための筋力トレーニング(体幹)

キシヤメディカルフィットネスのスタッフ(植村、相馬)健康運動指導士監修によるYell sports掲載記事です。
第1回は体幹筋力アップと簡単ストレッチをご紹介します。

近年体幹筋「CORE MUSCLE」を鍛える体幹トレーニング「CORE TRAINING」をバランス良く組み入れることが重要とされています。
 体幹を鍛えるというと、胴体、具体的には腹筋群、背筋群、骨盤底筋群を鍛えるということになります。一方で、上肢(腕)、下肢(脚)に属する筋肉は、その体幹筋に対し体肢筋と呼ばれます。
 体幹は胴体の屈伸ほか、姿勢・バランスを維持する役割を担っています。体幹部を鍛えることで、多くの競技に通じる汎用性に富んだ運動能力向上を図ることができます。 体幹に近い筋肉ほど大きくエネルギーを消費するため運動能力への寄与も大きいとされます。逆に体肢筋を優先して鍛えるとコアの働きを阻害し柔軟性が失われるため「動き」が悪化する上、故障に繋がるとされ、最近は敬遠されることが多いとされています。トレーニング上、体幹筋訓練をバランス良く組み入れることが重要です。

2017/02/01