岸谷 雄三/Yuzo KISHIYA



理事長

 弘前大学医学部卒業
 弘前大学医学部付属病院 整形外科
 三沢市立三沢病院 整形外科
 青森市民病院 整形外科 部長
 岸谷整形外科クリニック開院
 趣味:スキー、ゴルフ 
 
短命県返上は、骨・関節・筋肉・神経の病気の克服から。
運動器の疾患は著しく生活の質を低下させます。
我々整形外科医師は運動器疾患のプロフェッショナルです。
あおもりの健康増進のため、誠心誠意、地域医療に貢献して参ります。
どうぞお気軽にご相談下さい。

岸谷 正樹/Masaki KISHIYA



院長

 経歴 
  金沢医科大学医学部卒業
  弘前大学大学院医学研究科卒業
  弘前大学医学部付属病院 整形外科
  青森市民病院 整形外科 
  木造尾野病院 整形外科
  弘前大学医学部附属病院 整形外科
  青森県立中央病院 整形外科
  市立函館病院 整形外科
  弘前大学医学部附属病院 整形外科 助教
  青森県立中央病院 整形外科 副部長
 資格:日本整形外科学会 整形外科専門医
    日本整形外科学会公認 運動器リハビリテーション指導医
    日本体育協会公認 スポーツドクター(平成27年度修了)
    日本医師会公認 健康スポーツ医
 所属学会:日本整形外科学会、東北整形災害外科学会、日本股関節学会、
      日本人工関節学会、日本運動器科学会
 趣味:スキー、野球観戦、ガーデニング 
 

『小さな医院だからできること』

病院は大きい方がよい、小さい方が信頼できる、など、人それぞれに考えがあると思います。
小さな医院には、新しい役割が期待されています。
すぐに手術という緊急性を要するものは少ないのです。
薬を定期的に飲みながら、定期的な検査・治療を行い、運動習慣により体力の維持・増進をはかることが理想的です。
ですので、まずは通いやすい近所の小さな医院に行き、一般的な病気かどうかを判断してもらうのがよいでしょう。それでも納得できない、あるいは症状が改善しない場合に大きな病院に行くというのが、賢い医療機関のかかり方かもしれません。

『地域に根ざす医院でありたい』

我々、整形外科医は、骨・関節・筋肉・神経など運動器の病気のプロフェッショナルです。運動器の病気は特別専門性が要求されます。常に最新の医療情報をご提供し、迅速かつ正確な診断加療を行うことで、地域の健康増進に努めます。
一方で大きな病院には、内科など分野ごとの多くの医師と、さまざまな検査設備があります。
各診療科をまたがっての精密検査をする場合、全身麻酔を要する高度な外科的手術加療をする場合には大きな病院の方が有利といえます。
当院では、地域連携に取り組んでおり、運動器の病気で大きな病院での治療が必要な場合は、速やかに基幹病院、連携病院へご紹介いたします。