受診される患者様へ

受診時にご確認いただきたいこと。
初診時は健康保険証をご持参下さい。
かかりつけの医療機関がある場合、服薬手帳をご持参ください。
治療中の病気や持病(糖尿病、脳梗塞、虚血性心疾患など)がある場合は、お知らせ下さい。
妊娠中もしくはその可能性のある場合は、必ずお知らせ下さい。

診療時間

  午前 午後
 月・火・水・金 9:00〜12:30 14:30〜18:00
 木・土 9:00〜12:00   土曜:休診
木曜:手術/検査
日・祝日  休診
  月・火・水・金 午後は、18:00まで受付

診療科目

整形外科一般、リハビリテーション科

骨粗鬆症・腰痛・椎間板ヘルニア・腰部脊柱管狭窄症・変形性脊柱症・変形性膝関節症・五十肩・肩こり・痛風・外反母趾・側弯症・骨折・脱臼・捻挫・打撲・切り傷・擦り傷・熱傷、スポーツ整形(靭帯損傷・肉ばなれ・アキレス腱断裂・テニス肘・野球肘など)など
・投薬
 痛み、しびれなどの症状緩和の飲み薬、はり薬、塗り薬の処方
・装具治療(アンクル・リストサポート、腰部固定帯など)
 足や膝の変形、腰部コルセットの製作、疼痛の改善、スポーツ障害予防
・注射
 関節内へのヒアルロン酸注射で軟骨の保護、腱鞘炎に対する注射
 頚部、腰部、坐骨神経痛などに対するトリガーポイント注射
・リハビリテーション
 リハビリ機器を用いて筋緊張の緩和、血行改善、むくみ改善
 その他マッサージ・温熱療法・牽引療法
・セカンドオピニオン
 他病院への紹介、手術などの相談
・その他
 

医療機器

オープンMRI(AIRIS Vento LT):2015.10.15〜稼働

 MRIは放射線を使わず磁力により体の臓器・組織を検査することができます。
当院では、オープンMRIを導入いたします。閉塞感が軽減軽減され、検査音が静かであり、高精度の検査を快適に行えます。

骨密度測定装置(腰椎・股関節)

骨粗鬆症治療ガイドラインに則った治療には、腰椎・股関節での正確な骨密度測定値が必要です。

単純レントゲン写真撮影装置 

透視機能により骨折や脱臼の整復や神経根ブロックなどの治療が可能です。

物理療法機器

牽引療法、電気刺激療法(低周波治療器、干渉型低周波治療器)、温熱療法(マイクロ波治療器、ホット・パック装置、渦流浴装置)、
マッサージ療法(ウォーターベット)、超音波治療など各種取りそろえております。

整形外科Q&A

整形外科は運動器の疾患を治療する診療科です。スポーツ傷害や交通外傷、労働災害などによる外傷の多くは整形外科疾患です。主な疾患は、切創・挫創などのけが、捻挫、骨折、脱臼、関節損傷などです。骨・関節・軟部組織疾患に対する治療の専門です。整形外科が扱わない外傷には、頭部・顔面外傷、内臓臓器損傷などがあります。ここでは、代表的な整形外科疾患に関して掲載して行く予定です。

痛みの治療Q&A

痛みを引き起こす原因は、炎症や刺激の痛み(侵害受容性疼痛)、神経が障害されることで起こる痛み(神経障害性疼痛)、心理・社会的要因による痛みがあります。痛みの症状緩和には、薬による治療や神経ブロックなど様々な治療があります。症状の原因にあわせて治療法を選択します。医療機関で早期に治療を受けることで痛みの軽減とともに身体機能と生活の質を維持・改善することが大切です。

よくあるご質問

ここでは、整形外科に関するよくあるご質問を掲載しております。 整形外科 に関する診療についてや、「形成外科」「美容外科」「接骨院」などと整形外科との違いなどをご説明していく予定です。